ご使用方法に関するQ&A

クレンジングオイル

使用後は、ダブル洗顔をした方がいいの?
すこやかな素肌のために、クレンジングでメイクをしっかり落としてから、洗顔料で汚れや古い角質をオフする「ダブル洗顔」をおすすめしています。
ぬれた手でも使える?
手や顔がぬれた状態でもご使用になれます。ただし、マスカラやアイラインなどの落としにくいメイクには、手や顔をぬらさずにクレンジングオイルを直接ていねいになじませることで、すっきりとメイクを落とすことができます。
ウォータープルーフのメイクも落とせる?
水や汗に強いウォータープルーフのメイクにもご使用になれます。マスカラやアイラインなどの落としにくいメイクの場合と同様に、手や顔をぬらさずにクレンジングオイルをじっくりていねいになじませてご使用ください。

洗顔石鹸

石鹸の表面にある、白い斑模様は何?
石鹸を乾燥させる工程で、保湿成分が白く固まったものです。自然由来成分を高配合しているため起こりやすいのですが、品質には問題ありません。また「絹蜜 洗顔石鹸」には、高純度のアカシアハチミツ*1を10%以上配合しています。朝採りの生ハチミツ*2を贅沢に使用した、作りたての品質をご実感いただくためにも、使用目安の期間内にご使用されることをおすすめしています。
石鹸の色や香りは、何からできているの?
「絹蜜 洗顔石鹸」の特徴である琥珀色とほんのり甘く爽やかな香りは、原料のシルク*1・ハチミツ*1・黒砂糖*1に由来しています。原料の配合順によって変化するため、試行錯誤をくり返して完成させました。香料や着色料はもちろん、合成界面活性剤などを一切使わずに作れる「固形石鹸」にすることで、肌への負担をできるかぎり少なくしました。
お風呂場に置いたままでもいい?
「絹蜜 洗顔石鹸」は、自然由来のグリセリンなど保湿成分が40%以上含まれているため、湿気に弱く溶けやすい性質があります。ご使用後は泡と水気をよく切り、直接水がかからない風通しの良い場所に保管してください。

*1 保湿成分 *2 非加熱処理による

導入化粧水

導入化粧水と化粧水の違いは?
導入化粧水は、化粧水本来の保湿機能と次に使うスキンケアの効果を高める「2つ」の機能をもった化粧水です。単品でもご使用になれますが、「絹蜜 オールインワンジェル」とセットでお使いいただくとより効果を実感していただけます。
コットンで使うのがいい? それとも手?
清潔な状態の「手」で、ご使用いただくことをおすすめしています。肌のコンディションを素手で直接確認しながら、手のひら全体で頬や額を包み込むようにしてご使用ください。事前に手を温めておくと、より浸透*3がアップします。なおコットンをご使用の場合には、化粧水をたっぷりと含ませ、こすらずにやさしく押しあてるようにして肌へ浸透*3させてください。
導入化粧水だけでうるおう?
「絹蜜 導入化粧水」は、化粧水として単体でもご使用いただけます。洗顔後、アルカリ性にかたむいた素肌を中和させる役割がありますので、たっぷりと保湿されることをおすすめしています。乾燥が気になる方は、「絹蜜 オールインワンジェル」をセットでご使用いただくと、うるおいに満ちた素肌をよりご実感いただけます。

*3 角質層まで

オールインワンジェル

ジェルは、導入化粧水とセットで使った方がいいの?
オールインワンジェルには、導入化粧水と異なる美容成分を10種類以上配合しています。セットで使用していただくことで全15種類もの多様な成分を肌に取り込めます。
使用後に、ほかの美容液やクリームを使ってもいいの?
オールインワンジェルは、化粧水・美容液・乳液・クリーム・メイク下地の5つの役割を備えたスキンケア化粧品ですが、肌のコンディションやお好みにあわせて、普段お使いになっているお手持ちの化粧品と併用いただくことも可能です。
首やデコルテにも使える?
顔だけではなく、全身にご使用いただけます。首やデコルテにご使用される場合は、ジェルをしっかりなじませた後に、リンパの流れに沿ってやさしくマッサージしながらケアすることをおすすめしています。
敏感肌でも使える?
肌へのやさしさを大切にした無添加製法*4でお作りしていますが、すべての方に肌トラブルが起こらないということではありません。心配な場合は、二の腕など皮ふのやわらかい部分でお試しいただいてからご使用ください。

※4 香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベン不使用