ご使用方法 | カタクラの「絹蜜(きぬみつ)」オンラインショップ

ご使用方法

「絹蜜」のうるおいを、よりご実感いただくために

「絹蜜」のスキンケアは、やさしく洗ってうるおいを補うシンプルな2ステップ。
すこやかな肌状態を保つために、基本のお手入れを習慣づけましょう。

STEP1 まもって洗う

  • 手のひらでたっぷり泡立てる

    顔と両手を軽くぬらし、石鹸に少しぬるま湯を含ませてしっかり泡立てます。ツノが立つくらいたっぷりの泡を目安に作りましょう。

  • 泡を転がして皮脂汚れを吸着

    手で直接こすらないように、泡で顔を包み込むようにやさしくマッサージ。Tゾーンや小鼻など皮脂汚れが気になる部分は、指のはらでくるくる円を描くようになじませます。

  • 水かぬるま湯でしっかりすすぐ

    水かぬるま湯でしっかり洗い流します。特に髪の生え際やフェイスラインなど、洗い残しがちな部分までていねいにすすぐのがポイントです。

  • タオルで軽くおさえてオフ

    洗顔後、タオルでゴシゴシこすってしまうと肌に負担がかかることも。やわらかく清潔なタオルで、軽くおさえて水気をふきとります。

STEP2 やさしく補う

  • たっぷりのジェルを肌全体になじませる

    ジェルをパール大2粒分とり、手のひらで顔の内側から外側に向かって、ゆっくりなじませてうるおいを閉じ込めます。

  • 乾燥しやすい部分には指のはらで重ねづけ

    目もと、口もとなどの乾燥しやすい部分には、指のはらで軽くおさえるようにして、ジェルをしっかり重ねづけしましょう。

  • フェイスラインを引き上げ

    年齢が出やすいフェイスラインは、あごから耳の下に向かって、指全体でキュッと引き上げるようにジェルをなじませます。

  • 手のひらで包み込み浸透アップ

    顔のすみずみまでジェルがなじんだら、手のひらでしっかりと全体を包み込み、うるおいを浸透させましょう。

「絹蜜」をご使用いただくにあたってのご注意事項

【ご使用上の注意】
  • お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。お肌に合わないときは、ご使用をおやめください。
  • 目に入らないよう、ご注意ください。
  • 万一目に入った場合は、こすらず、すぐに水かぬるま湯で洗い流してください。
  • 目に異物感が残る場合は、眼科医にご相談ください。
  • 傷やはれもの・湿しん・かぶれ・ただれ・色素異常などの症状がある部位にはご使用にならないでください。
    また、赤み・はれ・かゆみ・刺激などの異常があらわれた場合は、使用を中止し、皮ふ科専門医などにご相談ください。
    そのまま使用を続けますと、症状を悪化させることがあります。
【保管上の注意】
  • 乳幼児の手の届かない所に保管してください。
  • 日の当たる場所や、高温多湿の場所に置かないでください。
《洗顔石鹸》
  • ご使用後は、石鹸の泡と水気をよく切り、直接水のかからない場所で保管してください。
  • 天然成分を配合していますので、乾燥によるざらつきやはん点があらわれることや色が変わことがありますが、品質には問題ありません。
《オールインワンジェル》
  • ご使用後は、キャップをきちんと閉めてください。
  • ご使用後のスパチュラ*は、清潔に保管してください。
  • 天然成分を配合していますので、色が変わることがありますが、品質には問題ありません。

*本品にのみ付属されています。